北海道神宮

北海道の開拓、発展の守護神として開かれた北海道神宮

その昔、蝦夷地と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてはっきりせず、それを明確にするため、明治2年、北海道という名がつけられました。
この同じ年、明治天皇の命をうけ、東京で北海道鎮座神祭を行うとし、北海道開拓、発展の守護神として大国魂神、大那牟遅神、少彦名神という神々を鎮斎されたといいます。

この三柱の神々の事を、開拓三神(かいたくさんじん)といいます。
神様が宿る依代となる御霊代は東京から函館、札幌に移され明治3年仮社殿が建立されました。

しかし現在の御鎮座の場所ではなく、現在の場所に社殿が建立されたのは明治4年、当時は札幌神社と名付けられています。
その後、開国を決め西洋文明を取り入れ日本の礎を築かれた明治天皇を神様として増祀し、この時に社名が北海道神宮と改称されています。

北海道神宮は三柱から四柱となった

元々は、北海道の開拓、発展を担う神として三柱、大国魂神、大那牟遅神、少彦名神が御鎮座されました。

大国魂神は、北海道の国土の神様で、大那牟遅神は、国土経営、開拓の神様、少彦名神は国土経営、医薬、酒蔵の神様とされています。
仮社殿から現在の北海道神宮の位置に社殿が建てられた際、日本の礎を築かれた明治天皇に御鎮座いただきました。

これによって、北海道神宮の御祭神は三柱から四柱となったのです。
ちなみに・・・神様の数は一人、二人と人間を数えるように数えず、柱で表します。

境内社である開拓神社とは

北海道神宮の境内社として開拓神社があります。
昭和14年、北海道開拓70年の記念事業として物故開拓功労者を祭祀する際、開拓奉斎殿を建立、この年の8月15日に開拓功労慰霊祭がおこなわれました。

全道より奉斎神の申請を求めて36柱を選考し、開拓奉斎殿社殿をもって開拓神社とし鎮座祭を行いました。
昭和15年末社指定を受け、昭和29年には当時の帯広市長の請願を受け、帯広の農聖と呼ばれた依田勉三を合祀、これによって36柱から37柱となっています。

開拓100年、記念行事として昭和43年には社殿の大改修を行い、社務所の新設、昭和59年には鳥居や社号標を新設、御鎮座50年を迎えた昭和63年に拝殿の造営がおこなわれました。

8月15日には毎年子供みこしの渡御が始まり、平成4年に日本最大級の大神輿が奉納荒れており、2年ごとにしない各所を渡御している様子が見られます。

御理恵、恋愛成就、心願成就、受験合格、家内安全等、開拓神社には様々な御神徳があるとされています。

境内にはこのほかに、鉱山殉職者の慰霊を込めて建立された札幌鉱霊神社等があります。
いずれも、北海道開拓に尽力した方々に対し、その功績をたたえまた北海道の末永き発展を祈る場所となっています。