結婚式について

結婚式

神社での挙式の歴史は約100年

神社に関係する行事として結婚式が挙げられます。
古くから日本人と結びつきが深く、結婚式は神社で行いたい人もいるかもしれません。
二人の永遠の愛を誓い合って神様に報告する、大切な儀式。
ここでは、神社での結婚式について見てみましょう。

神社での結婚式は、和装で挙式することから、日本人の定番というイメージがあるかもしれません。
実は、その歴史は多くの人が思っているよりも浅いのです。

神社で行う神前結婚式の歴史は比較的浅く、庶民の間で広まったのは明治時代頃のことだと言われています。
1900年に大正天皇が結婚した際、結婚の儀が行われ、社会に大きな反響を呼んだそうです。
大正天皇の結婚をきっかけに、東京大神宮で神前式を挙げるという習慣が生まれました。

神社での結婚式は、意外なことに100年程度の歴史しかありません。
なお、明治時代以前は、自宅で式が行われることが多かったと言います。
意外なことに、神前式は比較的新しい文化なのです。

和服・髪型の定番

100年程度の歴史とはいえ、神社での結婚式は日本的な文化の象徴です。
和服を着て、髪を結い、神社の前で愛を誓う、素晴らしい儀式になるでしょう。

和服の定番ですが、男性は紋付き袴、女性は白無垢になると思います。
男女ともにこれらの衣装を中心に、女性はお色直しがあるので、打掛などの衣装を着ます。

髪型は、女性ならば文金高島田に結いたいというのが本音でしょう。
改まった場なので、しっかり結うために髪の毛を伸ばしておくとよいかもしれません。
カツラという人もいるかもしれませんが、人生に一度きりのイベントなので、自分の髪の毛を伸ばす人が多いようです。

和婚スタイルを活用しよう

神前式は、少人数での結婚式に適していると言われています。
その理由は、「日本人だから」「白無垢が着たい」「親が喜ぶ」などの理由があるようです。
おごそかな気分で挙式を迎えられるという意見もあり、素晴らしい結婚式になると思います。

神社で結婚式を挙げたいというとき、場所選びに悩む人もいるかもしれません。
そこで、和婚の結婚式を挙げたい方におすすめしたいのが『和婚スタイル』というサービスです。
東京、大阪、福岡というエリアを中心に、和服で結婚式ができる場所を探すことができます。

お色直しや写真撮影など、パッケージプランは料金面でわかりやすいことが特徴です。
こういった和婚スタイルのサイトを利用して結婚式場を選ぶとよいでしょう。
>>http://www.wakon-style.jp/

最高の結婚式を和服で演出しよう

結婚式は人生で一度きりと言う方が多いと思います。
そんな特別な日に、和装か洋装かというのは、迷ってしまうかもしれません。
どちらでもよいと思いますが、やはり日本人は和服のほうがよいでしょう。

日本人の体型や見た目は、和服がよく似合います。
また、お父さん、お母さんはもちろん、お爺さん、おばあさんからの評判もよいです。

ウェディングドレスも魅力的ですが、特別な日は和服で演出したいもの。
特別な衣装で最高の一日にしましょう。