お寺の基礎知識

寺

歴史は古い

お寺と言えば、街中でも見かけることもありますし、山の中にあるような場合もあります。
どちらにしても人々の生活の中に深く根付いているのがお寺だと思いますし、人によって捉えるイメージが異なるでしょう。
このお寺、そもそもどういったものなのでしょうか。

日本人はお寺の作りが日本的であることから日本で生まれたものであると錯覚する人もいます。
ですが、実はお寺の発祥はインドや中国と言われており、その歴史も古いものとなっています。
神社は日本で生まれたものですが、仏教を由来とするお寺は紀元前5世紀ごろから外国で始まった者だったのです。

仏教が誕生した頃には仏殿や塔、それにお経も何もありませんでしたが、仏教が広まっていくと共に釈迦が神格化され、その遺骨を祀る仏塔への崇拝が広まっていきました。
それに伴い、修行の地にも同じものが作られるようになり、後に仏像も作られるようになっていきました。
その修行の際に僧が住むところこそがお寺というわけなのです。
お寺は中国や日本においては権力者の信仰として存在するものであり、その権力に応じて立派な建物が作られたわけですが、それが日本でのお寺の始まりと言われているのです。

お寺とお墓

お寺と言えばお墓と言うくらいにそのイメージは強く結びついています。
実際、お寺があるところでは大体お墓を管理していますし、お経をあげるのもお寺のお坊さんの役割となっています。

実はこの結びつきはかつてはあり得ないものだったのです。
初期の仏教の集団は僧が葬儀に関わることも禁じていましたし、この結びつきが確立されたのは浄土真宗の流行もありますし、日本的な宗教が成立したというところもあります。

お寺参りについて

日本の多くの地域にあるお寺ですが、お参りに行くとなった時にどのようにしたらいいか分からないという方も多いかと思われます。
実際、そのお寺で扱っている宗派によってもお参りの方法はずいぶん異なる場合もありますし、どこでも全部が同じというわけでもありません。
では、お寺参りをするときに最低限守っておきたいことについて紹介します。

山門の前で一礼することはもちろんですし、参道は端の方を歩くことを忘れないようにしましょう。
それから、手水舎で身を清めることもそうですし、お線香をあげることも忘れずに。
この時、他人が火を点けたろうそくを使うのはその人からの業をもらうこととなりますから避けるようにしましょう。