仏具の種類

素材で値段も変わる

仏具の種類を知る前に、まずは仏壇について知っておくようにしましょう。
仏壇は、本尊と位牌を安置し、仏具によって荘厳することにより初めてその意味を持つものです。

荘厳とは、見事に配置されているという意味合いを持っており、仏具は本尊を供養すると共に、先祖や亡き人の供養をするためのものとなっています。
供養は線香、花、灯燭、飲食、お水といった五供により行われるものですが、仏具こそがそのために用いられるものなのです。

仏具の種類は様々です。
木、銅、陶器、繊維、樹脂などで出来ているものであり、素材により価格も違ってきます。
香炉、花立、燭台は三具足と呼ばれるものであり、香炉を中央に配置し、向かって左側に花立、右側には燭台を配置します。

両脇に一つずつ燭台と花立を追加したものを五具足と言います。
正式にはこれが正しい飾り方とされていますが、仏壇が小さい場合には三具足でも問題はないと言われています。

仏具の種類について

香炉と呼ばれるものがありますが、これは線香や抹香を炊くのに使う道具です。
三本足の香炉ならば、一本足を手前にして置くようにします。
お香は、先祖や仏さまに対するお供えであると共に、隅々まで良い香りが行き渡ることから、全ての人々に仏さまの慈悲が行き届くことを表しているとも言われています。

燭台は、ローソクを立てて火を灯すものです。
ローソク立てとも言われるもので、ローソクを灯すことにより、仏さまによる大いなる知恵により、人を導くとも言われています。

花立は、生花や常花を供えたり飾ったりするものです。
本尊や先祖にお供えをする花を立てるもので、華瓶と呼ばれることもあります。

仏飯器は、仏器とも言われるもので、ご飯を盛る器です。
炊きたてのご飯を備えるものであり、出来れば毎朝備えるようにしたいものです。

高杯は、高月とも書くもので、お菓子や果物をお供えするための器です。
これについては正式な仏具ではありません。

りんは祈りが仏さまの世界に遠く用に打ち鳴らす仏具のことを言います。
りん台の上に乗せて使うもので、読経の開始を知らせることと、調子を取ることを目的として使用します。

経机は、お経を読む前に経本を置くための机です。
仏壇の前に置き、上に香炉や燭台、りんなどを置くようにします。
経机を使うことで、近くで線香やローソクのお供えができるようなるため安全です。

過去帳は、亡くなられた人の戒名や没年月日、俗名、享年などを記入しておくためのものです。
見台に乗せ、月命日の日に開いてお参りをするものです。
こうしたもの以外にも、オリジナルの仏具を制作しているところもあります。