巫女さんのお仕事

女性の奉職

巫女は古来より神楽を舞う、祈祷を行う、占いや信託を他の人に伝える、口寄せを行うといったことが役割でしたが、明治以降は神職を補佐する役割に変化していきました。
現在では一部の仏教寺院で巫女装束で奉職する若い女性が見られます。

巫女の仕事について

現代日本において、巫女は神社に勤務して神職の補助あるいは、神事において神楽や舞の奉仕をする女性のことを言います。
資格自体は巫女に必要はありませんが、神職の資格を持った巫女も中にはいます。
ちなみに、巫女は男女雇用機会均等法の適用外のため、女性のみの募集です。

本職巫女について

巫女は資格がいらないため、心身共に健康ならばなることができます。
本職巫女は、多くが神職の娘や近親者といった、神社に縁がある人がなることが多いとされています。
ですから、本職巫女の求人は多いとは言えない部分もありますが、求人としてはハローワークや求人広告などに掲載されることがあるのです。

女性が本職巫女として働くことができる期間は短く、大体20代後半で定年となることが多いです。
もしも大学や短大を卒業してからであれば、数年間の在職しかできないことになります。
定年以降も勤務する場合は、別の服装でなおかつ事務作業を行う一般職員として区別されることが多くなります。
神楽を奉仕、指導する巫女の場合は結婚した後でも、技術継承を目的として神社職員として勤務することもあります。

助勤巫女について

本職の巫女とは別に、助勤巫女と言うものがあります。
正月における繁盛期には、神社の大小に関わらず巫女のアルバイトを採用することが多く、この場合においての呼び方は助勤巫女あるいは助務巫女です。
雇用については神社独自での呼びかけで採用されることとなりますが、時には大学や高校などに対しての求人の呼びかけによって採用されることもあります。

巫女さんの仕事について

アルバイトの巫女として採用された場合、仕事内容は主に接客となります。
お札やおみくじ、絵馬などを販売することとなりますが、体力を意外と使うものとなっており、深夜から早朝まで10時間以上働く場合もあるようです。
原則的に巫女のアルバイトに対して求められるのは清潔感のある笑顔ですが、長時間笑顔を保っているのも大変ですから、アルバイトとしては厳しい部類に入るのではないでしょうか。

ただ、思った以上にハードであるが故、それに耐えきれずに辞めてしまう人もいますが、その分やりがいも大きなものがあります。
ちなみに、気になるのが時給だと思いますが、こちらは大体1000円前後で日当にすると8000円ほどになります。