寺と神社の違いは?

お寺と神社の違いについて考える

お寺と神社の違いって何なのでしょうか。
一般的にはどちらも同じようなものとみられることが多いのですが、実はこの2つにはきちんとした違いがあります。

普通に考えてみるとお墓があればそこはお寺、鳥居があれば神社という考え方もあるのではないでしょうか?
しかし、もう少し詳しく説明をすると、仏教の教えを説く僧侶の住んでいるところがお寺、日本の神様の魂を祀るのが神社という風に区別されます。
ただ、これだけではいまいち分かりにくいというところもあると思いますので、もう少し違う方面から神社とお寺の違いについて紹介させていただきます。

呼び方は色々

お寺はインドや中国と言った外国から伝わったものです。
仏様を祀ることを主なものとしており、僧侶や尼さん、それに住職がおり仏様が安置されています。
仏様の種類は数多くあり、誰もが一度は見たことがあるものばかりではないでしょうか。

色々な呼び方がありますが、基本的にお寺はどの呼び方でも意味は同じです。
外国から伝わったものではありますが、お寺としての考え方はまた別であり、葬儀や法要、檀家、戒名などはありません。
日本に伝わったことにより、独自の宗教としての存在価値を確立していったのです。
神社とお寺を探すならこのサイトがお勧めです。
>>https://www.otera.co.jp/

神社について

神社は、神様が住む場所は昔、立ち入ることはできない場所として存在していましたが、そこで行われていた祝辞典で建てられた祭壇が起源だと言われています。
元々神社として作られたというわけではないのです。

神社は日本の神様が祀られているところであり、伊勢神宮、明治神宮のような照合が付いたところはたくさんある神社の中でも特別とされているものです。
神社は神道に属しており、そこに祀られている神様は様々な名で呼ばれているわけですが、その中でも得に大規模な神様が祀られている神社は大社、あるいは神宮などと呼ばれているのです。

神社や大社と呼ばれているのならば、通常天皇や皇室祖先神を祀っています。
神社の入り口にある鳥居ですが、どうして鳥居が神社のみにあるのかと言いますと、神社には神様が下りてくる領域があるとされており、そこに降りてくる神様と人間の世界とを区別することを目的として鳥居が建てられたと言われています。

神社とお寺にはこのような違いがあり、外見的には似ている部分があるとは言えども全く違う起源を持っていることが分かります。
外国を起源としているお寺とは異なり、神社の起源は日本であり、歴史そのものが仏教よりも長い、日本だけの宗教とされているところが大きな違いと言えます。