札所めぐりとは?

お遍路さんとはどういう事を行うの?

よくドラマなどでも聞くことがあるお遍路さん、この意味を知らないという人も少なくありません。
お遍路というのは四国八十八カ所にあるお寺さんをめぐるということです。
元々は修行されている方々が海のかなたにあるといわれていた神道上の「根の国」にわたる事を願い行っていたといわれています。
その後、仏教拡大ともつながっていくのですが、現代は当時の険しい海岸ふちを歩くという事ではなく、四国の霊場と呼ばれる八十八カ所を巡るというものです。

四国では現在でも、弘法大師が札所を巡っているとされていて、お遍路で札所をめぐるたびは、弘法大師の功徳を頂けるといわれます。
お遍路で巡る八十八カ所の霊場、つまりお寺さんは、弘法大師ゆかりの地、また社寺について番外札所と呼ばれることもあります。

弘法大師様と同行二人

現在でも四国八十八カ所の札所を弘法大師の名でおなじみの空海が巡っているとされ、同行二人という言葉をよく聞きます。
一人で札所をめぐっていても、弘法大師様と共にあり、常にその守護を受けているという事から、同行二人とされるのです。
遍路で利用する杖には、弘法大師が宿るとされ、お遍路に欠かせないものとなっています。

弘法大師は「空海」として広く知られていますし、「お大師様」と呼ばれ親しまれています。
高野山を開創された方であり、密教の教えを広く伝えた方です。
密教宗派の一つ、真言宗の開祖であるため、お遍路参拝作法は密教真言宗に基づいたものです。

讃岐の国に生まれた弘法大師は青年期、四国の山々、岬、海岸などで修業され、虚空蔵求聞持法の智恵を身に着けたと言われています。
この弘法大師の尊い教え、さらにこの地で得た智恵が四国お遍路の礎となり、現在でも弘法大師様がこの遍路を巡り、常に同行二人とされる所以なのです。

順打ち?逆打ち?

お遍路さんたちが札所をめぐる際、順番などの決まりがありません。
お遍路で札所をめぐる事を「打つ」といいますが、四国を時計回りに巡れば順打ち、逆に巡れば逆打ちです。
基本的に順打ち、つまり四国を時計回りに進むのが基本といわれているのですが、功徳が高いといわれるのは逆打ちです。
なぜ逆がいいのか?というと、弘法大師は順打ちで四国お遍路していて、逆打ちで巡る事により、どこかで弘法大師とめぐり会うとされているからです。

また順路が順打ちで進むことを基本として作られており、逆打ちで進むことが難しいとされているので、苦労した分功徳が高いとされているのです。
初心者、初めお遍路をされる方は、通常、道しるべや案内がしっかりと設置されている順打ちから行う方がいいでしょう。
なぜ打つという言葉を使用するのかというと、お寺さんを参拝する際、昔の巡礼者が柱や壁などに木製などの納札を打ちつけていたからとされます。