鳥居ってなぜ朱色なの? 

神社の鳥居、動物に関連するものが多いのはなぜか

初詣にいったり厄払いなどに行く、また受験の合格祈願に訪れたり、旅行先で観光スポットとなっている神社仏閣をめぐるという際など、神社を参拝するという機会は案外多いものです。
無宗教な方が多いとされる日本でも、神社は縁が深く、生まれてからしばらくすれば多くの親御さんがお子さんをお宮参りに連れて行きますし、七五三でもお参りします。
実は神社という場所は、日本人にとって非常に身近でなじみのある場所なのです。

神社の鳥居はシンボル的存在です。
非常に存在感たっぷりな鳥居は、神社にきたという印象を色濃く感じるのですが、特に、神社の鳥居は朱色となっている所が多いです。
なぜ神社の鳥居は赤いのか?またなぜ動物に関連した像などが多いのか?神社は身近な存在であっても知らないことが多いのです。

鳥居が赤いのは?

神社の鳥居が朱色に塗られていると、より圧倒的な存在感があります。
赤い鳥居を見ると、まさしくそこに神様がいると感じますし、鳥居から先はとても神聖なものと感じるものです。

なぜ神社の鳥居が赤いのか、朱色なのか、というと、呪術的な意味合いがあるのです。
鳥居に利用される朱色は、火や太陽、さらに生物の血の色を表しており、古くから魔除けとして存在していたものといわれます。

つまり、鳥居は魔除け的な存在という事になります
古く遡るともっと意外なことに、もともと鳥居というのは、私たちが普段お参りしている社殿よりもずっと古くから存在する拝むべき場所です。

その昔、山、海、それに岩などに神様が宿るとされそのものが信仰の対象となっていました。
海や山に社殿はなく、鳥居だけが存在する場所も多いのですが、信仰する対象が海、山であれば、海山こそが社殿と同じ意味を持ち、そこに鳥居が存在するのも当然というわけです。

動物たちが多い神社

神社では稲荷と名の付く神社に狐様が鎮座されていたり、菅原道真公を守護とする天神様をお祀りする神社には牛の像が置かれていることがほとんどです。
その他の地域でも、神社には動物の像などが非常に多いという事に気が付きます。

なぜ、動物が神社とかかわっているのかというと、動物は神様のお使いだと考えられているからです。
神社を思い浮かべて真っ先に浮かぶのが社殿を守るように鎮座している狛犬です。
社殿や参道の両脇に、守護するように鎮座する狛犬、実は紀元前の西南アジア、エジプトに栄えた古代オリエント文明の中で、門番として獅子が描かれており、これが狛犬の発祥とされているのです。

やがてこの獅子は仏教伝来と共に中国から日本にわたり、その間、獅子から狛犬の形に変化したものと伝えられています。
向かって右に口を開いた「阿」、左側は頭に角を持ち口を閉じる「吽」です。