お宮参りについて

赤ちゃんの初公式行事?お宮参りっていつ行くの?

古くから赤ちゃんが健やかに成長する事を願って、また神様に赤ちゃんをお見せして守っていただけるようにとお願いに行くお宮参りは、赤ちゃんがこの世に誕生してから、初の公式行事!ですし、ご両親にとってもとても大切な日となるはずです。
おじいちゃん、おばあちゃんもお孫さんのお宮参りとなれば顔もほころびっぱなしでしょうし、みんなが幸せを一層強くする記念の日ともいえます。

しかしそもそも、お宮参りとは何か?どんなことをするのか?初めてママになって初めてのお宮参りとなれば、わからないのも当然です。
でもこれからお宮参りがあるという事なら、その内容、どんなものを着ていくのか?など、基本的な事を理解しておきましょう。

お宮参りとは?

日本では古くから人がこの世に誕生すると、その生まれた地域の神様が一生守護してくれると考えられてきました。
お宮参り、初宮参りは生まれるとすぐに守護してくれるその土地の神様「産土神」(うぶすながみ)に、赤ちゃんが生まれたことの報告、そして実際に赤ちゃんを見ていただくこと、さらに健やかに成長するようにお守りくださいとお願いに行く日です。
一般的に、その家で独自のお宮参り場所が決まっていないのなら、赤ちゃんがこれから先暮らしていく場所、自分の家の近くの神社などでお宮参りを行います。

神社にて神職の方にご祈祷していただき、写真館で家族みんな一緒にお宮参りの写真を撮影する事が多いです。
その後、ご家族で食事会などを行ってお宮参りの御祝をします。

地域によっても違いがありますが、お宮参りは男の子が生後31日若しくは32日、女の子が32日、若しくは33日です。
ただ、非常に寒い季節だったり、猛暑厳しい季節という事なら、少し気候のいい頃にずらしていってもいいでしょう。

お宮参りに行く人・行く際の格好

お宮参りに行く人は、古来より赤ちゃんのご両親、赤ちゃんから見て、父親の方のおばあちゃんです。
おばあちゃんが赤ちゃんを抱っこします。
これは、まだお産から1ヶ月程度しかたっていないママの身体に負担をかけないように・・という配慮からといわれています。
ただ最近は、赤ちゃんが生まれて最初の行事という事で、両家のおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に行く、という事が多くなっています。

服装ですが、赤ちゃんが初めて記念撮影するという事になるので、可愛くしてあげたいものです。
パパやママがお宮参りの際にきた白羽二重を祝い着を、生まれた赤ちゃんに着せるという事もありますし、退院の際に購入したベビードレスを着せるという方もいます。
洋装でもお写真の時だけ、和装の祝い義をかけて撮影するという事も多いです。

赤ちゃんが和装の場合、通常、ママもおばあちゃんも和装となりますが、ママはお産から1ヶ月程度という時期ですし授乳の事も考えて、写真を撮影する時だけ和装し他は洋装という事が多いです。
洋装にする場合、フォーマルなワンピース、ツーピースがいいでしょう。
パパとおじいちゃんが一緒に行く、という場合、着物でもいいのですが、着慣れているスーツでも構いません。

初穂料はどのくらい?

神社で神職の方にご祈祷を行ってもらうので、祈祷料が必要となります。
神社にうかがって金額を決めるのもいいのですが、聞いてもお気持ちで・・・といわれることが多いので、この場合、5000円から10000円位包みます。

御祈祷料は「初穂料」若しくは「玉串料」といいます。
出来れば新札を用意し、一般的に花結びの熨斗袋を用意し、水引の上に「初穂料」若しくは「玉串料」と書き、水引の下に赤ちゃんの名前を書きます。

お札は熨斗袋の中紙にそろえて入れます。
お札に書かれた人物が上を向くように入れるのが正しい入れ方です。