木魚について

御坊様がリズムよくたたく木魚

お寺さんから聞こえてくる「ポクポクポク・・・」という木魚の音、リズムよく刻まれ、また非常によいお声を持った御坊様がお経を唱えながら木魚をたたいていると、なぜか心が静まっていくように感じます。
仏教の事をよく知らない方でも、お経を聞くと心休まる気持ちになるのは、やはりこの木魚の心地いいリズムあってこそでしょう。
木魚はそもそもどうして必要なのか?お経をあげるためのリズムをとる為なのか?それともほかに意味があるのか、お経をあげるときに木魚をたたくその理由を調べてみました。

もともとは平たい魚の形だった

木魚は丸くて中が空洞になっています。
それをたたくことによってポクポクといういい音が響くのです。
鈴のような木製の木魚を連想される方が多いと思いますが、実はこの木魚、昔は本当に魚の形をした平たい木で作られていました。
昔、平たい魚の形をした木魚は、お寺さんで起床の合図や集合、食事をする際の合図として利用されていた道具に過ぎなかったのです。

木魚が現代のような形になり、ただ合図の道具として利用するだけではなく、丸く鈴のような形になり、お経の際に必ず叩くようになった所以は諸説あります。
例えば、お経を唱える際にどうしても眠くなってしまう御坊様のために必要だったという説があります。

魚という形は「昼夜を問わず目を開けている魚のように、怠けることなく修行にはげみなさい」という事から利用されてきた形です。
そのため、その魚の形をした板をお経に使う事で、昼夜関係なく修行に励む御坊様が眠気を生じないようにお経に利用したという説も納得できます。

煩悩を無くすという意味もある

諸説ある木魚の誕生に、「木魚をたたくことが煩悩を滅する」という説もあります。
木魚の原型であった魚の形をした板、この魚の口の部分には「玉」がつけられています。
この玉はお数珠と同じように煩悩の玉だったといわれ、その玉のついた道具をたたくことで煩悩を無くす意味があったともいわれています。

魚の形をした平たい道具にあしらわれている玉、これは煩悩の珠と呼ばれ、修行する僧侶たちが煩悩をたたき出すという意味が込められているといいます。
煩悩の珠がついた魚をたたくことで、煩悩から解き放たれるようにとお経の最中、木魚をたたくようになったという事も、なるほど、納得できる説です。

いずれにしても、木魚というのは修行をしていない私達も、葬儀や法要の際などにこの音を聞くと、心が静かに癒されていくような気持ちになるものです。
お亡くなりになった方をしのび、静かにお眠りになるようにとあげていただくお経を聞くだけではなく、木魚によって煩悩が解き放たれるという意味を知ってお経を聞くと、ますます、気持が穏やかになっていくように感じます。