国家神道について

国家神道という言葉を知っていますか

国家神道とは何か?と聞かれても多分多くの方が分らないと答えるでしょう。
ある程度こうしたことを理解されている方でも、明治時代に入ってから第二次世界大戦までの間、約80年間、日本国家、政府は神道を宗教とし、それを国民に強制した、という認識をお持ちの方が多いです。

しかし実際には政府は神道を導入した理由は、神社非宗教論だからです。
神社なのに非宗教とはどういう意味なのか、これはまた疑問です。
神社も宗教の施設であり、神社で行われていることすべてが宗教行事ではないのか?行為ではないのか?と感じるでしょう。
ここでこうした疑問を晴らすためには、宗教とはなんなのかという事を明らかにしておくことが必要となります。

明治維新時代に起ったこと

明治時代の前、神仏習合とされながらも圧倒的地位を持っていたのはやはり古くから存在する仏教寺院です。
徳川幕府は江戸時代に、民衆をしっかりと支配するために、寺請制度、つまり檀家制度を導入します。
これで江戸時代は完全な仏主神従という状態になります。

こうした時、神職として一番違和感を持ったのは葬儀も仏式で行うという事でした。
神職たちは葬儀を神葬祭で行う事が出来るようにと声をあげたのですが、神職本人、またその嗣子のみであれば許すという状態で、ご家族においては仏式の葬儀をあげるほかなかったのです。

明治維新が起った理由に関して教科書では黒船来航によって開国しそのため物価が高騰、民衆の暮らしが一気に悪くなり一揆がおこり、仕方なく徳川幕府は政権を朝廷に渡したとなっていますが、本当にこれが明治維新のきっかけであるなら、幕府が改革をすればよかっただけの話です。
そこに理由として出てくるのが、尊皇思想です。

徳川幕府の初期、秩序をただすため儒教をとりいれますが、そこで生まれたのが国を治めるのは天皇であり、将軍ではないという事です。
この考え方が浸透し幕末、日本全国でこの尊皇思想が多く広まったと考えられています。
こうしたことがあったからこそ、明治維新で「神武創業時代に戻る」というスローガンです。

神道国教化に失敗した背景

明治元年には神仏分離によって神社と寺院が分けられ、その後、宣教師が登場し国民教化運動が始まり、キリスト教が普及します。
当時、基本的に信教自由となったため神道国教化が進んだともいえます。
しかし本当にうまくいっているという事はなかったのです。
明治4年に神社が国家の総祠であると社格制度が制定され、神官世襲が廃止されました。
当時の神祇官は力がないうえ活躍できないままに、神祇省に格下げされます。

神社だけではうまくいかない、神祇省も廃止、教部省が設けられ神職、僧侶も教導職となり神仏合同による国民教化が進められました。
こうしてみるとこの時代は、神道を国家国民の宗教へ・・・という考え方から思惑通りに進まず、どんどんかけ離れていると感じます。

神祇不拝であり他の神仏を拝む事を極端に嫌う浄土真宗や、もともと真宗地帯である長州は、当時大教宣布運動の中、建築された増上寺大教員によって造化三神、天照大神がお祀りされた事、僧侶が拝礼するようになったこと、指導内容もほとんどが神道という事にがまんならず、長州や政治家なども巻き込み脱退活動を激しくし、最終的に明治8年、離脱します。
結果、大教宣布運動は失敗、神道国教化はここに散ったと考えられます。

結果、教部省廃止となり神社は内務省社寺局管轄下となります。
神道は神道事務局が設けられ、祭神に造化三神、天照大神、さらに大国主大神もお祀りするべきという出雲大社宮司より主張があったのですが、伊勢神宮宮司が拒否し、ここに祭神論争が始まりました。
この論争は最終的に政治家に勅裁を依頼することになりました。

神社非宗教化への道

政治かと官僚たちは当時、欧米列強にどのように追いついていけばいいのかという事だったため、欧米の制度・文化・思想を積極的に導入します。
ここで宗教においても、欧米諸国に習う事ととなり、明治15年、神社の非宗教が決まり祭祀のみ行うという事になったのです。
神職についても教導職の兼任が禁止となり、宗教活動は実質禁止、宗教としての神道は宗派各自が行う事になったのです。

その後も、神社は非宗教なのかどうか、こうした議論が継続することになります。
第一次世界大戦の修了、世界大恐慌により国家主義が世界各国で台頭するようになり、日本でも満州事変等多くの事件が起き、軍部が政治を握り次の戦争、大東亜戦争に向かっていきます。
当時はキリスト教でさえも国家主義とならざるを得ない状態でした。

戦争によって国家政府も次第に国民を管理するようになりますが、あくまでも非宗教という事実があります。
その上で超国家主義的な思想を持ち始めたのは、政府が押し付けたわけでもなく、こうした管理の中で生きていた民間そのものから湧き上った思想だったのです。
日本は後に敗戦国となり、占領軍はアメリカにおけるキリスト教同様、神道が国民を動かす原動力を持っていると勘違いしていたところもあり、神道指令をだし、国家・神道を分離、神社の国家管理が廃止され、後、考えてきたことに違いがあるとして条件が緩されますが、神道指令によって国家神道という言葉が、現在の意味として利用されるようになったのです。

七五三について

初めての七五三、知っておきたいこと

お子さんがすくすく成長し、初めての七五三を迎えるという時、ご両親もおじいちゃん、おばあちゃんも喜びでいっぱいでしょう。
女の子は可愛い着物を着て神社にお参りに行き、七五三の飴を頂きます。

初めてお着物を着るという子も多いですし、男の子は羽織袴にしたりカッコよくスーツで決めたり、ご両親も思わず目を細めてしまう1日になるはずです。
ただ古くから行われてきたお子さんの行事なので、ご両親としてもしっかりマナーを守り、親であることを自覚し、七五三に臨んでいただきたいものです。

お参りする場所、予約は?

七五三はお子さんの健やかな成長をお祝いし、この先も健康に元気よく成長していくことを願うお祝いの行事です。
一般的にはこれまでお宮参りや初詣等にいっていた近所の神社、氏神様にお参りします。

遠方でも有名な神社などに行きたいという方はそれでもいいのですが、お子さんと一緒に七五三の準備を整えて遠方までお参りに行くというのは大変です。
あせる事なく、しっかりと行事を進めるためにも、ご近所の神社の方が安心でしょう。

普段から初詣やお宮参りなど何かにつけてお参りしている神社なら勝手がわかっていますし、車で遠くまで移動してこんでしまい時間がぎりぎりになった・・・という事ではお祝いのお子さんがかわいそうです。
あくまでも主役はお子さんという事を考えましょう。

七五三は、もともと11月15日に行われており、お参りもお祝いもその日に行う事が出来れば、それが理想的ですが、やはりご両親のお仕事の都合などもありますので、最近は10月中旬くらいから11月下旬にかけて土日など休日を利用して七五三を行うというご家族も多くなっています。

七五三でお参りにかかる費用、持ち物の準備

神社でご祈祷していただくのですが、この御祈祷料というのはご祈祷していただくことへの感謝の気持ちを費用とするため、金額が決まっていません。
お気持ちで・・・といわれることが多いですが、相場としては5000円から10000円位と考えておきましょう。
金額を決めている神社もあるので、神社の方に確認して金額を準備しましょう。

熨斗袋は紅白、蝶結びの水引、水引の上に初穂料、若しくは玉串料と書き、水引の下に子どもの名前をフルネームで記載します。
御兄弟一緒にお祝いという場合でも、熨斗袋は一人ずつ準備します。

女の子はお着物を着ることが多いので、草履をはくことになりますが、歩きにくく、ぐずる原因ともなります。
お写真の時だけ草履をはいて、後は吐きなれた靴にしてあげてもいいでしょう。
上のお子さんの七五三の時、下のお子さんがいると、ぐずったり泣いたりという心配もあります。
飲み物やお菓子などを持参し、ぐずったら利用するようにすると安心です。
汗をかくこともありますし、冬場は寒くなってしまう事もあるので、大きめのタオルとウエットティッシュなどをもっていきましょう。

手水、参拝、しっかり行いましょう

鳥居をくぐったら参道の端を歩きます。
真中は神様が通る道のため避けましょう。
お参りの前に上手社で手水を行い、身を清めます。
手水は柄杓を右手で持ち左手に水をかける、柄杓を左手に持ち替えて右手にかける、再度右手に柄杓を持ち替えて手に水をとり口を漱ぐ、左手に水をかける、柄杓の水の入った部分を縦にもちあげて柄杓の柄にかかるようにして柄を清める、柄杓を元の位置に伏せておく、という一連の流れを柄杓に汲んだ1杯の水で行います。

参拝は二拝二拍手一拝です。
拝殿の前にいったら軽く会釈し、お賽銭を入れて鈴を鳴らします。
2回しっかりとお辞儀し、2回拍手、両手を合わせてお祈りし、2回深くお辞儀をして、拝殿の前から下がる時、さらに軽く会釈します。

参拝の際には通常この基本動作を行いますので、覚えておくと恥をかきません。
お参りする神社によって違う事もあるので、確認しておくといいでしょう。

お宮参りについて

赤ちゃんの初公式行事?お宮参りっていつ行くの?

古くから赤ちゃんが健やかに成長する事を願って、また神様に赤ちゃんをお見せして守っていただけるようにとお願いに行くお宮参りは、赤ちゃんがこの世に誕生してから、初の公式行事!ですし、ご両親にとってもとても大切な日となるはずです。
おじいちゃん、おばあちゃんもお孫さんのお宮参りとなれば顔もほころびっぱなしでしょうし、みんなが幸せを一層強くする記念の日ともいえます。

しかしそもそも、お宮参りとは何か?どんなことをするのか?初めてママになって初めてのお宮参りとなれば、わからないのも当然です。
でもこれからお宮参りがあるという事なら、その内容、どんなものを着ていくのか?など、基本的な事を理解しておきましょう。

お宮参りとは?

日本では古くから人がこの世に誕生すると、その生まれた地域の神様が一生守護してくれると考えられてきました。
お宮参り、初宮参りは生まれるとすぐに守護してくれるその土地の神様「産土神」(うぶすながみ)に、赤ちゃんが生まれたことの報告、そして実際に赤ちゃんを見ていただくこと、さらに健やかに成長するようにお守りくださいとお願いに行く日です。
一般的に、その家で独自のお宮参り場所が決まっていないのなら、赤ちゃんがこれから先暮らしていく場所、自分の家の近くの神社などでお宮参りを行います。

神社にて神職の方にご祈祷していただき、写真館で家族みんな一緒にお宮参りの写真を撮影する事が多いです。
その後、ご家族で食事会などを行ってお宮参りの御祝をします。

地域によっても違いがありますが、お宮参りは男の子が生後31日若しくは32日、女の子が32日、若しくは33日です。
ただ、非常に寒い季節だったり、猛暑厳しい季節という事なら、少し気候のいい頃にずらしていってもいいでしょう。

お宮参りに行く人・行く際の格好

お宮参りに行く人は、古来より赤ちゃんのご両親、赤ちゃんから見て、父親の方のおばあちゃんです。
おばあちゃんが赤ちゃんを抱っこします。
これは、まだお産から1ヶ月程度しかたっていないママの身体に負担をかけないように・・という配慮からといわれています。
ただ最近は、赤ちゃんが生まれて最初の行事という事で、両家のおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に行く、という事が多くなっています。

服装ですが、赤ちゃんが初めて記念撮影するという事になるので、可愛くしてあげたいものです。
パパやママがお宮参りの際にきた白羽二重を祝い着を、生まれた赤ちゃんに着せるという事もありますし、退院の際に購入したベビードレスを着せるという方もいます。
洋装でもお写真の時だけ、和装の祝い義をかけて撮影するという事も多いです。

赤ちゃんが和装の場合、通常、ママもおばあちゃんも和装となりますが、ママはお産から1ヶ月程度という時期ですし授乳の事も考えて、写真を撮影する時だけ和装し他は洋装という事が多いです。
洋装にする場合、フォーマルなワンピース、ツーピースがいいでしょう。
パパとおじいちゃんが一緒に行く、という場合、着物でもいいのですが、着慣れているスーツでも構いません。

初穂料はどのくらい?

神社で神職の方にご祈祷を行ってもらうので、祈祷料が必要となります。
神社にうかがって金額を決めるのもいいのですが、聞いてもお気持ちで・・・といわれることが多いので、この場合、5000円から10000円位包みます。

御祈祷料は「初穂料」若しくは「玉串料」といいます。
出来れば新札を用意し、一般的に花結びの熨斗袋を用意し、水引の上に「初穂料」若しくは「玉串料」と書き、水引の下に赤ちゃんの名前を書きます。

お札は熨斗袋の中紙にそろえて入れます。
お札に書かれた人物が上を向くように入れるのが正しい入れ方です。

手水舎の作法について

きちんとお参りできることは大切

初詣にいったり、結婚してお子さんが生まれ、お宮参りに行く際など、お参りに行く機会は大人になるほど多くなると感じます。
お参りする際には上手で身を清めることになりますが、柄杓も使わずに手水の盤に手を入れて洗ってしまったり、柄杓からそのまま水を口に運ぶなんてマナー知らずなことをしないように、今、手水のマナーを理解しておきましょう。

特に男性はこのようなマナーを知っていなくとも笑い話にできますが、女性はマナー知らずな女性として見られてしまいます。
結婚されているのならなおさら、義両親、親類縁者の方々とお参りを共にすることもあるかと思いますので、しっかり覚えておきましょう。

手水とは何か?

手水「ちょうず、てみず」と読みます。
手水舎は手口を清めるために存在するもので、お参りする際に必ず行います。

手水舎で水を張ってある盤に「洗心」と刻まれていることがありますが、これは、両手と口を清め、心を鎮めるという意味があり、美しいものに感動できるような素直な心をもってお参りできるよう、手水で汚れをはらい清らかな気持ちになるために存在する場所です。

俗世界で活きる私たちが神様のおられる領域に入るのです。
邪気を払い俗世界の汚れを洗い清め、神聖なる場所に行くことは当然のことです。
手水舎とは禊をする場所であり、神様にお会いする前に必ず行うべきことなのです。

手水のマナー

神社に行く前に、タオルやハンカチなど手を拭くもの、さらにお賽銭にするため、手水でお賽銭を清める事も必要となるので、小銭なども準備しておきます。
手水は一連の作業を柄杓に汲んだ水1杯で済ませるのが正しい方法です。
右手に柄杓を持って水をくみ、左手から清めます。
これは左手が不浄といわれるためです。
左手を清めたら柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。

右手を清めたら柄杓を左手から右手に持ち替えて、左手に柄杓から水を受けて口に持っていき、口を漱ぎます。
手水舎の廻りは石畳か砂利となっていますので、そこに水をそっと吐き出します。
口を清めたら口を付けた左手に水をかけて洗い、最後に柄杓の柄を立てるようにして自分が触れていた柄の部分に水をかけて洗い清め、柄杓を元の位置に伏せておきます。

注意点、ポイント

柄杓1杯の水で一連の流れを済ませる事が正しい方法なので、手口を洗うというよりも、水をかけて清めると考えて行うとうまくできます。
口を漱ぐ際にも、たっぷり含む必要はなく、口を濡らす程度でいいとされます。

手水の水を飲んでしまう方もいますが、汚れを又飲み込むことになるので、必ず吐き出しましょう。
また場所に寄りますが、手水の水が衛生的によいものと限らないので、飲むことは避けるべきです。

もしも小さい神社で手水舎がない場合、水のペットボトルを持参し、手口を清めるといいでしょう。
また草手水、青手水と呼ばれる方法として、境内の木の葉を2枚くらいいただき、手、体を葉で払い清める、終わったら細かくちぎり土地に返しておくという方法もあります。