出雲大社

大国主大神様をお祀りしている出雲大社

出雲大社というといなばのしろうさぎや数々の神話などで知られていますが、神々をお祀りしてきた古い神社が今も残る地であり、その中心となる大国主大神様をお祀りしているのが、出雲大社です。

全国区で名が知られている知名度の高い出雲大社にお祀りされている大国主大神様は、「だいこくさま」として知られる神様で、全国各地にお祀りされていることでも知られています。

大国主大神様という御神名の一つ「所造天下大神」

国づくりの神として知られる大国主大神様は、御神名として所造天下大神ともいわれます。
遠く神代の昔、私たちの遠い祖先の方々と悲しみ、共に喜びながらこの日本の国土を造られたとされています。

大神様は、国を作っている最中に、農耕や漁業、殖産、医薬等、民が生きていくために必要不可欠な様々な知恵を人に授け、多くの救いを下さいました。
美しき尊い慈愛の御心の感謝の気持ちが、御神名の由来となっています。

現在では縁結びの神様として広く知られていますが、この縁とは男女の縁以外にも、生きとし生けるものが豊かに暮らし栄えていくための深い結びつき、様々な縁を指すものです。

目に見えない御縁を結ぶ力を下さっているのが、大国主大神様といわれ、多くの方々からの崇拝を受け今に至っています。

御鎮座はどのように行われたのか

大国主大神様が大業である国づくりにより築いた国は、豊葺原の瑞穂国と呼ばれていました。
あらゆるものが豊かであり、力強く成長する国を築かれたのです。

その後、その国を明るく照らし納める天照大神様に国土奉還し、天照大神様はひどく喜ばれたそうです。
その大国主大神様のお気持ちに感謝し、この後、世の前に見える世界の政治を我が子孫に受け継がせること、そこに結びの御力を頂き幸福に導いて下さいとお願いします。

そして、大国主大神様が暮らす場所として、天日隅宮(あめのひすみのみや)とし、天照大神同様、柱を高く太く、板は厚く広く築き天照大神自身の第二子、天穂日命を仕えさせることなどを約束しました。

これにより大国主大神様は目に見えない世界を司ることになり、高天原の諸神が天照大神の御命令により集まり、宇迦山の麓に壮大な宮が造営されたといいます。

いなばのしろうさぎの話・・子供たちに伝えてほしいお話

出雲の国にその昔「だいこくさま」という神様がいました。
この神様には大勢の兄弟があり、その中においても最も優しい神様を言われていました。

この兄弟たちは印旛の句碑に八上比売(やかみひめ)というたいそう美しい姫がいる事を知り、みんなで会いに行こうと決めますが、だいこくさまは兄弟たちの家来の様に大きな袋を背負わされて、一番後ろからついていくことになります。

因幡の国の「気多の岬」という所を通りかかると身体の皮をはがれたかわいそうな一匹のうさぎをみつけます。
こともあろうに兄弟たちはそのうさぎに海水を浴び、風に当たると治りがいいなどとうそをつきます。

うさぎは喜び海に飛び込み、風が通る丘の上で風を浴びますが、治るなんて大嘘で、海水が傷に染みて痛い上に、風にあおられヒリヒリしひどく痛み苦しみます。
前よりももっとつらく苦しくなったうさぎはさめざめと泣いていると、そこに荷物をもって後ろから歩いてきただいこくさまが通りかかりました。

うさぎに泣いているわけを聞くと、元々隠岐の島に暮していたといううさぎはこの国に一度わたってみたい、泳がないで行く方法はないか?と考えて、そこにワニ(サメ)が来たのでこれはいいぞと彼らをだます事を考えワニに自分の仲間をどっちが多いか比べようと話します。

言われた通りワニは背中をならべたのでそこへ数を数えるふりをしてうさぎは対岸に渡ります。
もう少しという所でだませたことがうれしくなってしまい、だまされたワニをからかうとワニに皮をはがれたというのです。

痛くて泣いていると神様たちが海につかり風で乾かせばいいというので行っていたらいよいよ痛くなり泣いていたのだと話します。
それをきいたさいこくさまはかわいそうに思い、うさぎに真水で身体を洗って蒲の花の上に寝転ぶようにと教えます。
言われたとおりに行ってみると、うさぎの身体から少しずつ毛が生えてすっかり元のかわいいしろうさぎになりました。

かなり遅れてしまいやっと因幡の国にたどり着いた時、八上比売が選んだのはだいこくさまだったというお話です。

優しく正直で辛い事でも頑張れる人は、いつかきっといいことがある、素晴らしいことがあるというお話ですが、現代に生きるお子さんにも、出雲大社のお話とともにこうした神話をお話ししてあげてほしいと思います。