戸隠神社

創建以来2000年あまりという長き歴史を刻む戸隠神社

天岩戸が飛来、現在の姿になったとされる戸隠山を中心に、天岩戸開きの神事の際、高歴があった神様たちがお祀りされているのが戸隠神社といわれています。
霊山と呼ばれる戸隠山の麓、奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社という5つの社からなります。

この戸隠神社は平安時代末、修験道の道場とされ広く都にまでその名が届いていたといわれる霊場でした。

神仏混淆の際、戸隠山顕光寺、戸隠十三谷三千坊と呼ばれていた戸隠神社は非常に栄えたといわれています。
江戸時代に入ると徳川家康によって手厚い籠を受けており、一千石の朱印状を賜り、さらに東叡山寛永寺末寺として農業、水の神の性格を強めました。

山中においては門前町としてしっかり整備され、奥社参道をみると威厳を強く讃える杉並木が見られ現代も広く信仰されていることがよくわかります。

奥社、中社の神様と御神徳とは

奥社には天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)がご祭神として御鎮座されています。
天照大神が天岩戸に御隠れになった際、無双の神力により天岩戸をお開きになった天手力雄命を戸隠山の麓に奉斎したことから歴史が始まっています。

全国にある戸隠神社の御本社であり、開運、心願成就、五穀豊穣、またスポーツ必勝の御神徳があるとされています。
中ほどに進むと藁葺の赤い随神門があり、その先に天然記念物指定を受けている樹齢400年以上という圧倒的な存在感の杉並木をみることができます。

中社には天八意思兼命(あまのやごころおもいかねのみこと)がご祭神としてお祀りされています。
素戔嗚尊の度重なる非行にあきれ天照大神が天岩戸に御隠れされた時、岩戸神楽を創案、岩戸を開くきっかけを作った神様です。

学業成就、商売繁盛、厄除け、家内安全などの御神徳があります。
この社殿天井は平成15年に復元された天才絵師、河鍋暁斎の龍の天井絵が見事です。
境内には樹齢700年を超えるといわれる御神木と、樹齢800年を超える三本杉があり、この神社がいかに歴史深いかを物語っています。

宝光社と九頭龍社・火之御子社の御祭神と御神徳

杉の古木、270あまりの階段を上っていくと神仏習合時代を感じさせる荘厳な社殿をみるいことができます。
これが天表春命(あめのうわはるのみこと)をお祀りしている宝光社です。

開拓学問、技芸裁縫の神様、安産の神様、女性や子供の守り神とされる中社祭神の御子神様です。

九頭龍社は、九頭龍大神がお祀りされており、御鎮座の歳月などは不明とされています。
しかし天手力雄命が奉斎される以前、地主神として奉斎されていた信仰を集めていました。

心願成就の御神徳があると信仰され、古来より水の神様、雨乞いの神様、虫歯の神様、縁結びの神様として尊信されてきたようです。

火之御子社には天鈿女命(あめのうずめのみこと)が御祭神です。
岩戸の前で舞をまった天鈿女命が主祭神で、三柱の神様をお祀りしています。
戸隠山の神々が神仏習合の時期も、このお社は神社として存在し、この神社に仕えていて社人が太々御神楽を古来より伝え現代にいたるといわれています。

舞楽芸能の神様、縁結びの神様、火防の神様として崇敬されており、境内には樹齢500年という結びの杉、日本杉があり縁結びに効果がありそうなイメージです。