鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮の御由緒とご祭神について

1063年、源頼義が奥州を平定、その後鎌倉にわたり源氏の氏神として出陣の際、御加護をご祈願した京都石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたことが鶴岡八幡宮の始まりと伝えられています。

源氏最高の旗揚げに尽力した源頼朝公は、1180年、鎌倉に入りただちに御神意を伺い、由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地に遷し、1191年、鎌倉幕府宗社として相応しい姿にすべく、上下両宮という現在の御姿に整え、この鶴岡八幡宮を鎌倉の地の町づくりの主軸としたといわれます。

地域の民が篤く崇敬するように、頼朝公は相撲、舞楽などの神事、行事などを行いこれによって関東の総鎮守として篤い信仰を得るようになったといわれています。

これ以降、武家の精神のよりどころ、国家鎮護の神として全国に知られるようになり、この思考によって鎌倉は質実剛健の気風が、武士道、日本人の精神の基調となったとされています。

現在の御本殿は1828年、江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営によるもので、代表的な江戸建築として美しい姿を見ることができます。
若宮と共に御本殿は国の重要文化財指定を受けている大変貴重な建築物です。

深い緑の中に朱色の鮮やかな社殿が浮かび上がるような様は神々しく、まさしくここに神が御鎮座されていることを感じます。

源頼朝公、実朝公をお祀りしている白旗神社などの境内社、さらに静御前の舞殿など、800年という長い歴史を持った八幡宮であることが実感されます。

施設はいずれも美しく歴史を感じる場所ばかり

断葛は北条政子の安産を祈願し作られたという参道で、若宮大路の中心とされます。
この辺りは春にさくら、つつじが満開となり花のトンネルとなる事で、多くの参詣客、また観光客の皆さんが春を楽しみに来られる場所です。

源平池の周囲にも、春には桜、夏には紅白の蓮の花が美しく咲き乱れ、参詣客の溜息を誘います。
源平池の東の島にある旗上弁財天社は、八幡宮創建800年、文政年間の古図をもとに復元されたものです。

源頼朝公の旗揚げに因み、源氏の二引きの旗に願掛けを行う参拝者も多く、ここで勝負運をあげていこうとされる方も多いと聞きます。

鶴岡八幡宮は文化財の宝庫

鶴岡八幡宮には国宝、重要文化財、県指定文化財などが多数残されています。
特に鶴岡八幡宮には古くから伝わる刀剣類が60口もあります。
そのうちのいくつかが国宝指定されており、沃懸地杏葉螺鈿太刀は衛符の太刀とされ、鎌倉初期、武人が佩用していた太刀を今に伝えています。

このほかにも明治天皇が御奉納された重要文化財の金象嵌銘国吉太刀、同じく重要文化財の北条氏北条氏綱奉納の太刀(3口)など、鎌倉、室町時代にどのような太刀が利用されてきたのか、その様式を残している貴重な物ばかりです。