絵馬について

画家に描かせることも

神社に置かれているものとして良く知られている絵馬というものがありますが、これは神社や寺院に祈願するとき、または祈願した願いが叶った時に謝礼として奉納する絵が描かれた木の板のことを言います。
個人で奉納する絵馬の場合、小型で表面に馬や鶏などの絵が描かれており、裏面には指名や祈願する内容を書く欄が設けられています。
これ自社で販売されているもので、大人数の場合に使われるのは大型のものです。

画家に描かせるなどして奉納者が用意する場合もあります。
板の上に屋根を付けていたことから、小型の物に関しては互角系のものが多くなっています。

絵馬の歴史

奈良時代の続日本記によると、馬を神の乗り物解いて奉納したということが書かれています。
しかし、馬は高価なもので奉納しにくい、また寺社の方でも世話が大変であるといったことから馬を奉納できない場合に紙や木、更には土で作った馬を代用とするようになり、平安時代になると馬の絵を描いた木の板になりました。

室町時代となると、馬だけにとどまらず、様々なものが描かれるようになり、狐や武者、更には文殊菩薩を描いたものもあります。
安土桃山時代には、その時代に有名な絵師により描かれた本格的な絵馬が人気を呼び、絵馬堂と呼ばれる絵馬を展示する建物も作られています。
絵馬堂は、今でいう美術館のような役割をもっており、絵師たちが技を競いあい、新たなる作品を生み出すための原動力となる場でもありました。

江戸時代には、家内安全、商売繁盛といった庶民的な願いを行う風習が広まったことから、小型で個人の描いた絵馬を奉納する形となりました。
明治時代以降は多人数で奉納を行う多人数の絵馬をはじめとして、様々なバリエーションが産まれています。
昭和になると、受験生が合格祈願として絵馬を奉納する習慣が盛んとなり、更には縁起物の動物を含め、馬と関係のない絵馬もたくさん作られています。
現在も絵馬は寺社のお守り、あるいは縁起物としての人気を保っています。