神主さんのお仕事

神主さんの仕事は掃除から始まる

神社にいると必ずいるのが神主さんです。
この神主さん、意外と何をやっているのかというのを詳しく知っているという人はいないのではないでしょうか。
神社にまつわる仕事をしているというのは当たり前のことですし、境内で働く巫女さんの姿は見たことがあるけども、神主さんはちょっと見ないという人も多いと思います。
では、どのような仕事を神主さんは行っているのでしょう。

神主さんの朝は早く、朝の6時には既に起きています。
まずはお宮さんをあけて掃除の開始です。
境内の掃除は清潔さを保つためには重要なことであり、掃除は実はお払いのひとつであると考えられています。

それが終わったら次は日供祭の準備です。
そもそも神社とは国家の安寧を願って作られているものであり、日供祭は、お供えをすること、そして祝詞を献上することよって国家の安寧を祈るものとされています。
これが終わると玉串を作ります。

朝か夕方までの仕事

これらの仕事が終わったら、朝拝と言って、境内にある社にも祈りを捧げます。
その後は朝食を取り、参拝者の対応を行います。
祈祷を中心に行うものですが、悪霊を払うと言った類の仕事を行うこともあります。

その後は昼食を取り、時間があるのならば雅楽の練習も行います。
それから境内の見回りやお札の奉製も行います。
神主さんは参拝者の対応だけしているようにも見えますが、実は陰でいろいろな仕事をこなしていることが分かります。

夕方以降

参拝者の受付が終わったら、次の日の準備を行うといったことが繰り返されていきます。
毎日同じことを繰り返すわけですが、もちろん年中を通して様々な行事があるため神主さんは常に休む暇もないわけです。

神主さんはあまり仕事が無いと思っている方もいるかもしれませんが、このようなことを毎日行っており、忙しい日々を過ごしているのです。
神社の境内に入ってゴミを捨てていく人もたまにいるわけですが、この境内の清掃も神主さんが行なっているものであり、境内を汚すということは神主さんの仕事が増えることに繋がってしまいます。
出来る限り迷惑をかけないためにも、境内にごみを捨てるようなことは絶対にしないようにしましょう。