狛犬について

なんの動物を摸しているのか

神社に行くと必ずあるのが狛犬と呼ばれるものですが、そもそもこれは何なのでしょうか。
狛犬は、神社における魔よけのような存在と考えられており、入り口もしくは神殿の前に左右で一対の形で置かれています。

どうして狛犬と呼ばれるかについてですが、そもそも狛犬の起源はアジアに生息していたライオンであると言われています。
それが、高麗を経て日本に伝わったことより高麗犬と呼ばれるようになったようです。
日本に伝わった時、左に獅子、右に狛犬という形が一対とされていたようですが、現在ではこの2つの違いは無くなり、双方共に狛犬と呼ばれるようになっています。

狛犬の起源とは

清涼殿と言うところで狛犬が最初に置かれたとされており、四方を帳に囲まれた天皇の御座の南北に配置され、獅子は左であったという風に記録が残されています。
枕草子にも狛犬についての記述があったことから、平安時代には狛犬は既に魔除けとして使われていたことが分かります。
実際に狛犬が一般の神社に置かれるようになったのは平安時代末期からのことで、最初は神殿の前の扉、神殿の前、そして鳥居の前と言う風に、神社の奥から手前に時代と共に場所が変わってきているのです。

狛犬は左右でどう違うのか

狛犬は右が口を開いた阿形、左が口を閉じた吽形が配置されますが、時に例外もあるようです。
また、子取りや玉取りと呼ばれる、玉を足元に置いたもの、子どもの狛犬をあやしているものもあり、これらは一対になっているのが特徴とされています。
ぴんと来ない方は、神社に行ってみてそれぞれの狛犬を見てみると違いが良く分かると思います。

神の使い?

狛犬や獅子と同じような役割を果たす神仏の守護神がいます。
猪、龍、狐、狼、虎などがそれにあたりますが、これらの動物の呼ばれ方は神使です。
ですから、狛犬の代わりにこれらの動物を神社の守護神として祭っているところもあり、場所によって様々な形のものがあります。

沖縄で言われているシーサーは何?

シーサーは沖縄にある置物で、獅子像をルーツにしているというのは狛犬と同じですが、沖縄の場合は阿吽になっているものが少ないようです。
意味合いとしても、村や家を守る、家事避けといったような庶民的な信仰となっている点が狛犬とは異なる点です。

分類を厳密にしたがるというのは、人間ですから仕方ありません。
しかしながら、狛犬という存在自体があいまいかつ自由なものであることから、見たまま楽しむというスタイルが適しているとも考えられます。