おみくじについて

おみくじ

運勢を占う

年明けの初詣、神社に行けったことのある人ならば誰もが引いたことのあると思われるのがおみくじです。
新年からうまくいくかどうかの運勢を占う意味で引く人の多いおみくじですが、どのような歴史があるのでしょう。

おみくじとは、神社や仏閣などで運勢を占うことを目的として引く籤のことをいいます。
その歴史は古代には国の祭政に関すること、後継者を選ぶときに使われたものであったとされてます。
今のおみくじの形は、参拝者が個人の運勢を占うものとされていますが、当時はそのような形ではなく、これは鎌倉時代の初期になってこの形となりました。

おみくじの方法

くじびきとはよく聞くことですが、代表的なくじびきのやり方としては、みくじ棒とよばれるものが入った円柱型の筒の中から一本を取りだして出てきたもので運勢を占うというものです。
これ以外にも、自動販売機を使ったおみくじなどといったような色々な形があります。
この自動販売機を使ったものは、大正時代に発案されたものと言われています。

おみくじの中身は大吉、吉、中吉、小吉、凶が基本となっていますが、それ以外にも大凶半凶、末吉などといったものを入れる神社もあります。
構成としては、番号、運勢の説明、そして吉か凶かといったものとなっており、この吉と凶の割合は神社仏閣によって異なっています。
個別の運勢は、願望、体調、健康、恋愛、学問、相場、商売、出産、待人など様々な項目が書かれており、吉か凶かというよりもここに書かれている内容の方が重要です。

結び付け

神社に行っておみくじ引いた後、それを境内に結び付けることをしたことのある方もいると思います。
これは江戸時代から行なわれてきた風習のひとつであり、結ぶという行為が恋愛の縁結びということに通じるためです。
凶が出てしまい、がっかりという方もいるかもしれませんが、そうした場合、凶のおみくじを利き手と違う方の手を使って結ぶことによって、凶が吉に転ずるといったところもあります。
しかし、最近ではおみくじ専用のみくじ掛と呼ばれるものを設置しているところもあります。
これは、木におみくじを結ぶと木の育ちが悪くなってしまうからです。

普段何気なく引いているおみくじには、こうした特徴があるのです。
意外と知っておくと、他の人に話をするときにちょっとした自慢になるかもしれませんね。