お坊さんのお仕事

朝が早い

お坊さんは住職または僧侶とも呼ばれるものです。
どのような生活を行い、どのような仕事を行っているのでしょうか。

お坊さんの活動時間は日によって少し異なりますが、一般の社員と比べると朝早いことが多く、大体6時には身なりを整え、寺院の門を開けて座禅や読経といったことをこなすこととなります。
朝早くから法事も行われることがあるため、時間が早いことが多いです。

お盆やお彼岸などの繁盛期の場合は1日に何軒も家を回って法事を行うこととなるため、早朝から移動も含めての長時間に渡り業務を行う場合もあります。
遠方からの依頼により法事や葬儀に赴く場合もあり、その場合には夜中に帰ってくる場合もあります。
それ以外にも、葬儀を中心として日々修行や営業活動などの業務はたくさんあるため、基本的に労働時間としては一般的な会社員と比べても大差はありません。
お坊さんはお寺で暇そうにしているという描写がされることもありますが、実際のところはやるべきことはたくさんあるのです。

年中無休

お坊さんは年中無休であるとも言われています。
当然ですが、人は24時間いつどうなるか分かりませんし、葬儀の日程を予想できるようなものでもありません。

お坊さんの仕事は年中無休であると言えるわけです。
お盆やお彼岸の時には多忙になりますし、毎日何かしらの業務に追われているため、お坊さんは生活そのものが労働であるとも言われています。

お坊さんの営業活動

原則としてお坊さんの仕事は檀家の法事や葬儀です。
檀家の多くは古くからの付き合いであるため、法事や葬儀の依頼を受けることとなりますが、近年では葬儀も簡略化される傾向があるため、安定した収入源になり得なくなっている寺院も増えてきています。
実際に、営業活動をしなければ経営が維持できないというところもあるのです。

地域で行われる集会にも足を運ぶこともありますし、そこで講演を行うことや相談を受けることもあります。
そこで一般の方と直接関係を持つことにより信頼を得て、その後の付き合いに繋げる努力を行っているのです。
中には葬儀社に売り込みに行って関係を作り、安定した仕事の受注に繋げているというところもあります。

多くの寺院では墓地の管理を行っているため、現代のスタイルに合致した低コストかつ手間がほとんどかからない墓地の提案を行い収入を増やしている寺院も出てきているのです。
寺院は営利目的の施設ではありませんから、営業活動を大々的に行うことはできませんが、その収入こそが寺院の存続、お坊さんの生活を支えていることは間違いありません。

お坊さんは呼ばれた檀家のところでお経をあげていれば生活が安定するという時代ではなくなったのです。
お坊さんと言えども、新しいスタイルを追求することをしなければ寺院の存続自体が危ういという状況になってしまっているのです。